CADデータを活用して提案力抜群のプレゼン図面を作成したいあなたへ

ポンプ浚渫船、グラブ浚渫船などのCADデータは探すのが難しいを解決

WRITER
 
b256429d 322c 479c 94ee 80b927c4a075 - ポンプ浚渫船、グラブ浚渫船などのCADデータは探すのが難しいを解決
この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : キャドボス CAD-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案。
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら


浚渫船(しゅんせつせん)とは、河川や港湾などの治水、航路港湾の水深確保のための不用土砂の排除、埋め立てなどを行う作業船の総称です。

浚渫船の種類は大きく分けてポンプ浚渫船、グラブ浚渫船、バックホウ浚渫船の3種類があります。
水中での施工が多い日本では、ポンプ浚渫船が主流です。
どの浚渫船を使用するかは、工事を行う港湾、河川の水深、土質、土量、地形などの要素によって決まります。

「船」と名前が付いていますが、基本的に自走能力がないため、現地までの輸送することになります。
また、施工能力については、データ上で公開されている能力と実際の能力とは施工条件等によって相当の差が生じるので注意が必要です。


浚渫船・作業船のCADデータは探すのが難しいのか


浚渫船・作業船のCADデータや図面は、株式会社青木組や山本建設工業株式会社など、浚渫工事を手がける会社のホームページで閲覧、ダウンロードすることができます。
しかし、さまざまな問題点もあります。


浚渫船・作業船のCADデータは多岐にわたります


浚渫船は大きく分けると、ポンプ浚渫船、グラブ浚渫船、バックホウ浚渫船の3種類に分類されます。
しかし、細かく分けると、浚渫船・作業船には非常に多くの種類が存在します。
たとえばポンプ式浚渫船は、カッターレスポンプ浚渫船、マイクロポンプ浚渫船、トランザクション浚渫船、軟泥浚渫船とさらに細かく分類されます。

目的とCADデータに合致するものを探すには、かなりの労力を要することになります。
一方で、インターネット上に公開されている浚渫船のCADデータはグラブ浚渫船が主で、ポンプ浚渫船のデータはさほど公開されていません。


浚渫船についての詳細な仕様が記載されていない場合も


複数の公開サイトからダウンロードしたCADデータは、サイズがまちまちで使いづらいというデメリットがあります。
さらに、図面のみで細かな仕様が記載されていないデータも少なくありません。


目的に合った浚渫船のCADデータを見つけるポイント


設計図書や計画書を作成するにあたっては、事前に必要なデータの仕様を確認し、目的に合った浚渫船のCADデータを選別ことが重要です。


浚渫船の各種類の特徴を抑えることが重要


日本で使用されることの多い3種類の浚渫船について、それぞれの特徴、およびどんな場所、地層に適しているかを把握しておきましょう。

ポンプ浚渫船

船の先端にある吸水管を海底に下ろして土砂を吸い上げ、排砂管で搬送する工法です。
吸水管の先端には、土砂を切り崩すためのカッターが装備されています。
細かく分けると、カッターに変えて水ジェットで土砂を切削するカッターレスポンプ浚渫船、小型軽量化されたマイクロポンプ浚渫船、有害物質を含む軟弱な土質で使用される軟泥浚渫船があります。

グラブ浚渫船

船の先端にあるグラブバケットを海底に下ろし、土砂を掴み取ります。
グラブの大きさによっては、一度に土砂をつかめる量が20M3を超えるものもあります。
浚渫作業時の船体固定方式、および移動方式によって、アンカーを下ろすアンカー方式とアンカーレスのスパッド方式等があります。

バックホウ浚渫船

バックホウと呼ばれる油圧式ショベル型掘削機を船首端の低い位置に据え付けた、硬い土室の場所で使用される浚渫船です。


作業現場に合わせた浚渫船を選ぶのがポイント


浚渫工事を行う現場はどのような環境なのか、事前に作業現場の特徴を知ることが重要です。
機種の選定にあたっては、浚渫土量、面積、水深、土質、土捨場、動力源等の条件を十分調査して決定しましょう。

ポンプ浚渫船・・・面積が広く、比較的柔らかい大量の土砂を取り除く場合に適している。
グラブ浚渫船・・・狭い場所での工事が可能で、比較的硬い土砂、岩盤でも作業できる。
バックホウ浚渫船・・・粘土質、砂質、レキ混じりの土砂を取り除く作業に向いている。


浚渫船の問い合わせサービスを利用する


CADデータを公開している会社のホームページには、浚渫船の仕様等に関する問い合わせを受け付けているところもあります。
詳しい情報を知りたい場合は、問い合わせサービスを利用することも一つの方法です。


この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : キャドボス CAD-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案。
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 建設CADデータの『CAD-BOSS』 , 2019 All Rights Reserved.