CADデータを活用して提案力抜群のプレゼン図面を作成したいあなたへ

カラーコーンのフリーCADデータを使った、わかりやすい安全計画

WRITER
 
3d777d42 a7aa 44dc aa78 ccdcb3efe0c4 - カラーコーンのフリーCADデータを使った、わかりやすい安全計画
この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : キャドボス CAD-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案。
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら


カラーコーンは現場の手軽な安全資材です

カラーコーン・コーンバーは、場所の区分けに使う保安器具です。
小型で軽量のため、移動が簡単であったり、色が豊富であったりという特色から、工事現場だけでなく、イベントや駐車場などでもよく見かけます。

カラーコーンのCADデータを安全計画で活用しましょう

カラーコーンは軽量で移動が簡単、さらに色や模様も豊富です。
最近の安全計画では、エリアの区分だけでなく、カラーコーンを様々な安全計画に活用しています。


工事現場周辺の「危険」にはこんなものがあります


工事現場やその周辺には、様々な危険要素が隠れています。事故を防ぐには、現場における安全対策が重要になります。
危険要素を見える形で表示することで、「不安全な行動」や「不安全な状態」を取り除ければ、事故を防ぐ効果が期待できます。


お探しのCADデータは、リンク集のまとめサイトを覗いてみてください。
次のサイトでは、カラーコーン・セーフティコーンのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
カラーコーン・セーフティコーン、CADデータのまとめサイト



現場で“不安全”の解消と“安全”の見える化ができる安全計画にしましょう


現場における「不安全な状態」を解消するためのカラーコーンの使い方

不安全な状態を解消するためのカラーコーンの活用事例を以下に示します。

カラーコーンを色別に分けて、作業区画の意味を『見える化』しましょう。
転倒災害防止のため、床面の段差手前箇所に注意喚起の表示をしたカラーコーンを設置して、段差を「見える化」しましょう。
工事車両運転者が既設設備に接触することを避けるため、周辺をカラーコーンで囲みましょう。

上に示すような安全計画を策定する際に、カラーコーンのCADデータを活用して、わかりやすい安全計画にしましょう。

作業員の「不安全な行動」を解消するためのカラーコーンの使い方

作業員はカラーコーンより先に行かない、重機オペレーターはカラーコーンの手前で作業するルールとしましょう。
重機の前後にカラーコーンを置き、乗車して動き出す際にはカラーコーンを取る仕組みとします。
重機の動き出しにはカラーコーンの移動が必要なため、重機の前後の他の作業員や資材があれば気づくことができます。

歩行者用通路では「不安全な状態」を取り除きましょう

通路上に足場、照明器具などが張り出す場合は、その部分に人が入り込まないようカラーコーンを設置しましょう。
通路幅員を確保していても、高齢者や障がい者、通学時間帯の児童などに対しては必要に応じて工事関係者や交通誘導員が誘導しましょう。

住宅地などでの工事により、特に通路が狭くなっている場合には、歩行者の安全性や自転車の走行性を考慮して、必要に応じ自転車から降りて、自転車を押すよう誘導しましょう。
視覚障がい者は、通路幅員を認識することが困難なため、仮設通路の起終点や曲がり角では、カラーコーンの設置数を増やすなどの工夫をしましょう。

視覚障がい者には音の出る誘導装置も効果的です。
歩行者用の通路の幅員は、車いす使用者の通行を考え、できる限り1メートル以上の有効幅員を確保しましょう。
また、カラーコーンや保安灯などを設置する場合、設置位置、高さに配慮しましょう。


まとめ/カラーコーンのデメリットも理解して、安全計画に活かしましょう


カラーコーンにはデメリットもあります

軽量・小型で設置がしやすいカラーコーンですが、デメリットもあります。

・工事車両が接触した際の音が小さい。
・車両の接触の際に自立しない。
・カラーコーンが一箇所で押されると、連結された他の箇所まで変形する可能性がある。

カラーコーンのCADデータを活用するポイントを最後にまとめます

工事現場の「不安全な状態」を明確にし、カラーコーンを使って見える化しましょう。
危険区域、重機の可動域などをカラーコーンで明確に区分けしましょう。
歩行者にカラーコーンを使って分かりやすく危険を知らせましょう。

これらの安全計画の立案やプレゼン、周知活動に、カラーコーンのCADデータを使って、わかりやすく計画を伝えていきましょう。


お探しのCADデータは、リンク集のまとめサイトを覗いてみてください。
次のサイトでは、カラーコーン・セーフティコーンのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
カラーコーン・セーフティコーン、CADデータのまとめサイト



この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : キャドボス CAD-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案。
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 建設CADデータの『CAD-BOSS』 , 2019 All Rights Reserved.