CADデータを活用して提案力抜群のプレゼン図面を作成したいあなたへ

螺旋階段・らせん階段の2D・3Dcadデータを活用して、納得できる階段を提案しよう

WRITER
 
70b4afcc f1d3 40bf 91ba 4dd1ad5fe39d - 螺旋階段・らせん階段の2D・3Dcadデータを活用して、納得できる階段を提案しよう
この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : キャドボス CAD-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案。
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら


螺旋階段の長短所を理解しましょう。
曲線が美しく圧迫感の少ない「螺旋階段」は、デザイン性に優れ狭小スペースへの設置が可能なため、設計時に検討する機会が多いかと思います。
しかし、一般的な階段に比べて、いろいろなメリット・デメリットがあります。
メリット・デメリットを十分理解した上で、クライアントへ説明しましょう。
設計者の説明が不十分だと、使い始めてからこんなはずじゃなかった、と言われかねません。
説明の際には、螺旋階段のCADデータが活躍するでしょう。

螺旋階段のCADデータで、設置後のイメージをわかりやすく伝えましょう。
螺旋階段設置を検討する際には、施工事例の写真などを資料に添付すると、完成イメージが浮かびやすくなるでしょう。
さらに、人物のCADデータを加えることで、踏板の幅や手摺の高さなどもイメージしやすくなります。
子供がいる場合には、子供サイズのCADデータが有効ですね。

そして記事後半では、実際に螺旋階段のCADデータを使って設計する際の留意点を説明しています。


螺旋階段のCADデータの他に、立ち馬、脚立、ローリングタワー、リンバリケードなどのデータをお探しの方は、こちらの記事を参考にしてください。
立ち馬・脚立・ローリングタワーの2D・3Dcadデータによる現場での危険察知効果
バリケードの2D・3Dcadデータを使って、現場内外の安全対策に配慮


螺旋階段のメリットとデメリットをきちっと比較しよう


螺旋階段には、一般的な階段に比べ、様々なメリット・デメリットがあります。


螺旋階段・らせん階段のメリット

特徴は、曲線が美しくデザイン性が高いことです。
1坪程度の広さで収まるため、狭小スペースに設置できます。
成形して搬入するため、設置が容易な場合が多く、工期短縮が見込めます。
金属パイプと踏板でできた螺旋階段は、視覚的な妨害が少ないので圧迫感を緩和できます。


螺旋階段・らせん階段のデメリット

大型家具の2階への搬入が困難です。
階段から搬入できない場合、クレーンで2階の窓から搬入するので、費用が高額になることがあります。
手摺を利用しないと危険なので、荷物を持っての上り下りは要注意です。
踏板の幅が左右で違うため、子供や高齢者は踏み外すおそれがあります。

鉄骨の螺旋階段は、歩く時の音が大きく、触った時は冷たく感じます。
空気が螺旋階段を伝わって逃げるため、空調効率が悪くなります。
スチールを用いた特殊形状であるため、価格が割高になる傾向です。
階段下にスペースがありません。
通常の階段に比べ、2階からのホコリがたまりやすくなります。


メリット・デメリットを設計時に説明しないと「使い勝手が悪い」と不満を抱かれる恐れがあります。
螺旋階段の提案はCADデータを用いた資料で、メリットばかりでなくデメリットも説明しクライアントの判断を仰ぎましょう。
次に、実際に螺旋階段のCADデータを使って設計する際の留意点を説明していきます。


螺旋階段のCADデータの他に、足場や仮囲い(万能鋼板)のデータをお探しの方は、こちらの記事を参考にしてください。
ビケ・ビディ・枠組足場、単管足場、CADデータの使用方法とその効果
仮囲いのCADデータを用いて工事成績評定をアップさせる方法


毎日使う階段だから、実際の使用方法を想定して設計しよう


螺旋階段は、どんな空間にも適しているわけではありません。
設計する際は、以下の条件に適合しているかを検討しましょう。


将来的な使い方にも合っている階段ですか

踏板の幅が左右で違うため、特に子供や高齢者の踏み外しが多くなります。
若い頃は大丈夫でも、年をとると踏み外して怪我をする危険があります。
階段の変更が困難なケースがあるので、子供の成長や、年をとってからの生活を十分に考えましょう。

また、ライフステージが変われば、必要な家具も変わってきます。
大型家具の搬入・搬出が螺旋階段では難しいので、道路面に搬出入用の大きな窓を設置しておく必要があります。
2階の全部屋へ家具を運べるように、部屋のドアを向かい合わせにするなど、経路の確保が必要です。


生活動線を考慮した階段設計になっていますか

手摺を利用しないと危険なので、荷物を持っての上り下りはしにくいです。
2階を子供部屋にする場合、通学用品などを持ったまま上り下りさせるのは心配です。
子育て世代だと、子供を抱っこしたままで2階への移動を想定しないといけません。
ベランダが2階の場合、洗濯物を抱えての移動は注意が必要です。

螺旋階段を優先するのであれば、荷物を抱えての移動が少ないように、2階の間取りを検討しましょう。
空間に余裕があるなら、主階段+螺旋階段にすることで、危険度を低減できるかもしれません。
子供が頻繁に上り下りする場合は、転落防止ネットの利用など、安全対策を一緒に提案しましょう。


階段のメンテナンス方法にも配慮しよう

螺旋階段は、2階のホコリがたまりやすいので、食卓近くへの設置は極力避けましょう。
食事中に螺旋階段を利用すると、食卓にホコリが舞うことになりかねません。

踏板が網目になっていると、かなり掃除が大変です。
日常の手入れ方法をクライアントと事前に十分検討しましょう。


空調方式を考慮したらせん階段ですか

リビングに螺旋階段を設置した場合、冷気や暖気が螺旋を伝わって逃げてしまいます。
そんなケースでは、高気密高断熱住宅にするなどの工夫をして、冷暖房効率の向上に努めましょう。
高出力エアコンの導入やサーキュレーターの併用なども、冷暖房効率向上に有効でしょう。
可能であれば、リビングの隅の方に螺旋階段を設置するなど、配置に工夫しましょう。


まとめ/設計者もクライアントも納得した螺旋階段を採用しよう


螺旋階段のCADデータを使ったクライアントへのわかりやすい説明

螺旋階段の設置後は簡単に変更できないため、毎日の生活で不便さを感じる計画になってしまうとクライアントの満足を得られません。
クライアントの要望に配慮しながら、設計者はメリット・デメリットを考慮した総合的な判断を行う必要があります。
クライアントへ螺旋階段のメリット・デメリットを説明する際には、このダウンロードサイトのCADデータを活用することで、より具体的な説明ができるでしょう。


螺旋階段を採用するポイント、最後のまとめ

螺旋階段の採用ポイントを最後にまとめます。
・将来的に不都合が生じないと考えられる
・生活動線上の不便がない
・大型家具の搬出入方法が確保できる
・現実的でローコストなメンテナンスや空調の提案が可能

上記の場合は、クライアントへ螺旋階段の提案を行い、雰囲気ある空間造りをしてはいかがですか。
CADデータは、クライアントへの説明に役立つでしょう。



この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : キャドボス CAD-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案。
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 建設CADデータの『CAD-BOSS』 , 2018 All Rights Reserved.