CADデータを活用して提案力抜群のプレゼン図面を作成したいあなたへ

ダンプ・トラックのCADデータで仮設計画図がわかりやすくなる

WRITER
 
156ef6a1 f2a7 464a a0d1 bbb6f78fa401 - ダンプ・トラックのCADデータで仮設計画図がわかりやすくなる
この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : キャドボス CAD-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案。
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら


ダンプ・トラックは安全対策に必要な主役の一角を占める

ダンプ・トラックは、土木・建築工事の「意匠図」や「構造図」などの図面には表記されることはありません。ダンプ・トラックの姿図が表記されるのは、基本的に「仮設計画図」などの安全対策に表記されることの方が多いと言えます。

また、「仮設計画図」は、本体工事の「設計図書」には含まれることはありません。
しかし、工事を円滑に進めるためには必要不可欠な図面です。

ダンプやトラックは、仮設工事や基礎工事などを始め、工事現場の竣工間近までのギリギリまで、必要になることがあります。
そうなると、ダンプやトラックのCADデータは、安全対策において必要な、主役の一角とも言えます。

ダンプ・トラックなどのCADデータをまとめて紹介
そこで、このページでは、使いやすいダンプ・トラックのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。


記事の後半では、ダンプやトラックを仮設計画図のに記載するうえでの注意点、使いやすいダンプ・トラックCADデータの見つけ方について説明しています。


ダンプやトラックを表記している「仮設計画図」の目的とは


ダンプ・トラックのサイズの違いに注意が必要

土木や建築工事を行う際に、工事現場内でのダンプやトラックの配置の検討が必要になります。

また、搬入出経路をどのように計画するか事前に把握し、確認検討をするために図面に記載します。

ダンプやトラックの配置や、搬入出経路の確認は、着工前に必ず行う作業で、今後の工事を進めていく中でも重要な役割と言えます。

その中で注意しないといけないことは、ダンプやトラックの車体のサイズを、事前に確認する必要があります。図面に記載するダンプと、実際のダンプの大きさを把握しておかなければ、ダンプが邪魔で工事が円滑に作業できない、という予期せぬトラブルに合う可能性が考えられます。

特に、土木工事や建築工事の中での基礎工事などは、限られた範囲での作業が求められます。
ダンプやトラックは他の車両より大きい分、他の作業に影響が出やすくなります。

また、図面上にダンプやトラックがサイズ的に収まると言っても、車体自体が現場で小回りができない場合もあります。

ダンプやトラックのサイズは、メーカーによっても多少ですが違いがあります。
その点を考慮しておくことも注意する点です。


お探しのCADデータは、リンク集のまとめサイトを覗いてみてください。
次のサイトでは、ダンプ・トラックのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
ダンプ・トラック、CADデータのまとめサイト



ダンプやトラックのサイズをCADに記載するのは大変な作業です


ダンプやトラックの姿図は四角で表記します

CADで求められるのは、ダンプやトラックの実際のサイズで、現場内での配置を考慮することです。

サイズ感を把握するだけなら、トラックやダンプを実際のサイズを、そのまま四角く線で表すことで、簡単にダンプとして表記することができます。

ただ線を四角に加工するだけで車両として表すことができますが、四角い線の中に「2tダンプ」や「4tトラック」と文字を追記することにより、車両のタイプが一目で分かりやすくなります。

複雑な線が要り組むCADの中では、簡易的な車両表記をすることで、より分かりやすさが表れます。


引き続き、より豊富な素材の、ダンプ・トラックCADデータの見つけ方について説明しましょう。


フリーサイトでダンプとトラックのCADデータをダウンロードしよう


四角い線で、ダンプやトラックを表記することで、実際のサイズをそのままCADで表すことができます。
しかし、もう少し、ダンプなどの質感をより分かりやすくしたい方には、そのまま姿図を1つ1つCADで記載するには、難しくハイレベルな作業です。

では、実際にどうすればいいのでしょうか?
それは、CADで、ダンプやトラックを始め、様々な姿図を1つのデータとして残しているサイトの力を借りることです。

ハイレベルな「仮設計画図」を作成しよう

フリーサイトでダウンロードしたダンプなどのデータを、「仮設計画図」に添付することで、簡単にハイレベルの「仮設計画図」として見えてくるのです。

それでは、どのようにフリーサイトを探せばいいのでしょうか?

インターネットの検索に「ダンプ CADデータ ダウンロード」とワードを入れて検索すれば、いくつかのサイトがヒットします。
よくアクセスしているサイトでは、使いやすいデータが見つかる可能性があります。

素材が豊富な車両リース会社でCADデータを探す

車両系のCADデータを求めている方は、リース会社でCADデータをダウンロードする方が、様々なサイズのダンプやトラックデータの素材が豊富です。

サイトの種類の中には「有料サイト」や「無料サイト」が存在します。
最新のデータを求めるには「有料サイト」でダウンロードをお勧めします。

しかし、「仮設計画図」でのダンプやトラックの配置の検討では、「無料サイト」でダウンロードしても、十分な素材データが存在します。

また、一度ダウンロードしたダンプやトラックのCADデータは、何度も使用することができます。

今後の「仮設計画図」に役立つことができるので、試してみる価値はあります。

お探しのCADデータは、リンク集のまとめサイトを覗いてみてください。
次のサイトでは、ダンプ・トラックのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
ダンプ・トラック、CADデータのまとめサイト




この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : キャドボス CAD-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案。
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 建設CADデータの『CAD-BOSS』 , 2019 All Rights Reserved.